メダカ日誌

メダカ販売店、小山メダカセンターの店主によるメダカのブログ
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
小山メダカセンターHP
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 冬の繁殖[成魚の完成] | main | 選別のあらまし >>
良いメダカとは?
0

    めだか販売店、小山メダカセンター店主のブログです

    観賞メダカとしての「良魚」とは、どのような個体を差すのでしょうか。繁殖に使う親メダカを選抜するにしても、良魚というもの自体を知らなければ、観賞価値の高いメダカを作出する事は難しくなります。
    最も危険なのは、「これ、すげー赤い!」とか「すげー目が出てる!」などと、体色や形質ばかりに気を取られてしまう事です。確かに観賞魚としては、体色や形質も重要なのですが、それよりも先に見るべき事があるはずです。
    [まずはココ]
    〈健康〉
    まずは、何はともあれ、健康である事です。いくら体色が赤くても、ひょろひょろに痩せていたり病魚では話しになりません。
    〈奇形〉
    奇形の中で、おそらく一番多い見落としが「背骨曲がり」だと思われます。メダカの背骨曲がりは、遺伝によるものの事が多く、多少の歪み程度であっても、その個体が持っている遺伝子は、歪みが大きい個体の遺伝子と同じなので、次の世代に遺伝してしまいます。背骨曲がり以外にも、頭部の歪みや先天的なヒレの欠け、あるいは、あご下に突起が有ったり、口が閉じなかったりなどの奇形もあります。
    これらの異常が無い事が、まずは良魚としての絶対条件であり、品種や体色がどうと言うのは、それからとなります。
    TS3V0419.jpg
    | メダカの選び方 | 18:18 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP