メダカ日誌

メダカ販売店、小山メダカセンターの店主によるメダカのブログ
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
小山メダカセンターHP
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< メダカの飼育水 | main | メダカの飼育水(その3) >>
メダカの飼育水(その2)
0
    JUGEMテーマ:国産改良品種メダカ
    今朝も厳しい冷え込みで、当店がある栃木県南部でも−4℃程まで下がりました。3月としては二十数年ぶりらしいです。まったくここ何年か異常気象ばかりで、この先の季節が順調に進むか不安ですね。
    それでは、前回[メダカの飼育水]の続きです。
    水道水=カルキ=最悪=メダカの死 という公式の呪縛はかなり強いらしく、そういった人の中には、わざわざ車で数十キロ離れた所まで、いわゆる名水と言われる様な湧水を汲みに行ったり、近所のスーパーに無料の電解水を汲みに行ったり、ペットボトル入りのミネラルウォーターを使ったりと涙ぐましい努力をしている方もいる様です。
    しかし、繰返しになりますが正しい使い方をすれば、水道水はメダカの飼育水として問題有りません。
    では、正しい使い方とは、カルキ(塩素)を気化する為に水道水を1〜2日ほど、汲み置きをする事です。この時、容器にフタはしないで下さい、出来ればエアーレーション(ブクブク)をすると早く塩素がとびます。カルキ抜き(塩素中和剤)等の薬剤を入れる人もいますが、当店では特に入れていません。
    そして次回、井戸水(地下水)神話説?に続く・・・。
    110304_1347~01.jpg
    写真:汲み置き用タンク
    | メダカの飼育水 | 16:05 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP