メダカ日誌

メダカ販売店、小山メダカセンターの店主によるメダカのブログ
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
小山メダカセンターHP
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< メダカの網入荷しました | main | メダカのシート池を作る >>
命名!2系統の新三色メダカ「陽明三色」と「いろは三色」
0

    JUGEMテーマ:めだか メダカ

     

    めだか販売店小山メダカセンター店主のブログです

     

    この度、当方が作出した新しい2系統の三色メダカに、それぞれ呼称を付けましたので紹介いたします。

    命名その 斃枳聖或А

    ↓まず一つめの新三色メダカが「陽明三色」です。

    陽明の読み方は「ようめい」で、由来は栃木県の日光東照宮にある陽明門(ようめいもん)から連想して名付けました。

    ちなみに陽明門は別称で「日暮らし門」と呼ばれているのですが、陽明三色の作出過程で「ひぐらし三色」を交配している事もあり関連づけて命名しました。

    ↓陽明三色(メス)

    特徴としては成長の過程で緋色の地色から三色に色揚りをしていく不完全透明鱗性(モザイク透明鱗?)で、多重形質なので既存のタイプに分類するのは難しい所がありますが、専門誌のメダカ百華で提唱された「第3の三色メダカ」と呼ばれる要素を持つタイプの透明鱗三色(従来の透明鱗三色とは異なる)にあたるのではないかと推測しています。

    選抜交配により深く濃い紅質と、豪快でまとまりのある墨質を持つ三色メダカを目標に世代を進めている系統です。

    ↓陽明三色(オス)

    ↓陽明三色

     

     

     

    命名その◆擇い蹐六或А

    ↓そしてもう一つ命名した新品種の三色メダカが「いろは三色」です。

    名称の由来は、紅葉の名所として知られる栃木県の「いろは坂」から連想して名付けました。

    ↓いろは三色

    これまで(2019年時点)、改良品種の三色メダカとしては、大きく分類して透明鱗三色と非透明鱗三色と呼ばれる形質を持つ2タイプが知られていました。

    この2つのタイプは呼び方こそ似てはいますが、遺伝形質としては異なる事も知られています。

    そしてこれまでの三色メダカでは、どちらか一方の形質である事が常識とされてきました。

    ↓いろは三色

    しかし、この「いろは三色」は透明鱗三色と非透明鱗三色の両方の形質を合わせもつ交配に成功した新しいタイプの三色メダカで、改良品種メダカとしても新品種という事になると思います。

    「いろは三色」は、エラ部分が透けている透明鱗の特徴をもちながら、非透明鱗三色のように成長の過程で白地から三色に色揚りをしていく事が特徴です。

    ↓いろは三色(オス)

    又、明るい紅質の緋盤、明瞭なキワ、まとまりのある墨(黒)も特徴的です。

    何より白地の白さは「いろは三色」ならではだと思います。

    販売については、まずは「陽明三色」系統から主に店舗にて販売をスタートする事になりそうです。

    尚、価格については色柄や体形など個体により異なります。

    又、「いろは三色」については、更に世代を一つ進めてから販売していく予定でいます。

     

    〜ピュアな透明鱗三色の「ひぐらし三色」、黄色い非透明鱗三色の「きすげ三色」に続く、当方作出の新しい2系統「陽明三色」と「いろは三色」をよろしくお願いいたします。

     

     

    | 新品種のメダカ | 19:30 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP