メダカ日誌

メダカ販売店、小山メダカセンターの店主によるメダカのブログ
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
小山メダカセンターHP
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< AZOOフローティングフィッシュネット | main | 「きすげ」&「きすげ三色」の動画 >>
命名「きすげ」&「きすげ三色」
0

    JUGEMテーマ:めだか メダカ

    めだか販売店小山メダカセンター店主のブログです
     

    改良品種メダカの名称(品種名など)については、しばしば名称の乱立が問題視される事があります。

    当方もやたらと名前ばかりが増えていく風潮が手放しで良い事だとは思ってはいません。

    しかしながら品種交配や系統維持を進めていく上で、予め名称が付いていないと把握や整理がしにくい状況になってしまうという一面もあります。

    例えば一口に「三色メダカ」と言っても複数の系統を維持したり開発している場合などは、それぞれに名称を付けている必要性がある訳です。

    その為、当店で開発しているメダカの中である程度の表現が固まってきたメダカにはオリジナルの名称を付けていく事にしました。

     

    そして今回紹介する「きすげ」と「きすげ三色」も新たに命名したメダカです。

    この「きすげ」と「きすげ三色」は、以前にこのブログで「開発中のプロトタイプ◆廚函岾発中のプロトタイプ」として紹介したメダカです。

    以前の記事はこちら

    開発中のプロトタイプhttp://blog.oyama-medaka-center.com/?eid=2305

    開発中のプロトタイプhttp://blog.oyama-medaka-center.com/?eid=2310

     

    ↓「きすげ」はいわゆる非透明鱗と呼ばれる形質をもつ黄白の二色タイプのメダカです。

    ちなみに名称「きすげ」の由来は、黄色い花を咲かせる植物「ニッコウキスゲ」から連想して名付けました。ニッコウキスゲの正式名称は禅庭花(ゼンテイカ)というらしいのですが、栃木県の日光地域に多く自生していた事からニッコウキスゲの別称が広く知られるようになったそうです。

     

    ↓続いてこちらは「きすげ三色」で、非透明鱗性で黄白黒の三色タイプです。

     

     

    ↓「きすげ三色」の血筋からは白黒タイプも産まれてきます。

     

    ↓三色としては選別外ではありますが、黒斑が明瞭な個体は魅力的でもあります。

     

    ↓こちらはまだ開発途上ではありますが体外光がのったタイプ。

     

    尚、「きすげ」および「きすげ三色」の販売は、店舗と通販の現物セットにて販売していく予定ですのでよろしくお願い致します。

     

    | 新品種のメダカ | 20:08 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP