メダカ日誌

メダカ販売店、小山メダカセンターの店主によるメダカのブログ
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
小山メダカセンターHP
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< メダカの奇形(背曲がり) | main | メダカの水草 >>
メダカの奇形(その2)
0
    110225_1329~01.jpg
    今日は関東地方で春一番が吹いたというニュースを耳にしましたが、ここ(栃木県小山市)は、風をさほど感じませんでした。しかし気温が今の時期にしては異常に上昇した為、遮光ネットで日よけをしないと、ハウス内は暑さで苦痛を感じる程でした。つくづくハウスは温度調整の難しい建物だと感じます。今日は定休日なので、昨日にひき続きハウスのメダカ整理です。
    それでは、前回の話(メダカの奇形について)の続きです。

    写真:背曲がり3
    このメダカは、前回の個体(写真:背曲がり1)と同じ様に背骨が湾曲しています。それに加え、口の下部に突起が出ています。これも奇形ですので、背骨が湾曲していない個体であっても、この様な突起があるメダカは、奇形メダカとして選別時にはじきます。(当店では)

    写真:背曲がり4
    このメダカは普通体型のメダカですが、完全に背骨が湾曲してM字に見える程です。
    この他にもいろいろな背骨の曲がり方をするメダカが居ますが、背骨の奇形のメダカの存在を知らないと、新体型のメダカと勘違いし、騒ぎたてる人が出てくるかも知れません。
    改良品種において、奇形と言う概念をどこまで許容するかは、メダカを選別、固定するブリーダーや愛好家によって多様ですが、体型の変異ではヒカリ体型やダルマ(背骨の縮み)が、ぎりぎりではないかと個人的には思っています。
    | メダカの奇形 | 17:36 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP