メダカ日誌

メダカ販売店、小山メダカセンターの店主によるメダカのブログ
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
小山メダカセンターHP
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 冬場のブリーディング(ふ化用容器) | main | 冬場のブリーディング(幼魚期のメダカ) >>
冬場のブリーディング(ふ化〜第一週)
0
    めだか販売店、小山メダカセンター店主のブログです。

    [ふ化〜第一週]
    メダカの受精卵がふ化までに要する時間は水温により異なり、例えば受精卵の水温を25℃で管理した場合では約10日ほどでふ化します。
    受精卵は水温が高くなるほどより早く、逆に水温が低くなるほどより遅くふ化する事になりますが、あまり極端な水温で管理すると受精卵が死んでしまったり生まれてくる稚魚の奇形率が高くなってしまう場合もあるので、受精卵は20℃〜28℃の範囲内で管理した方が無難のようです。
    生まれてきた稚魚の体内には数日ほどを過ごせるだけの栄養が備わっていますが、ふ化後約一日もすると餌を求めて泳ぎ回るようになるので、パウダー状に加工されている稚魚用の乾燥飼料を少量ずつ与えるようにします。
    又、ふ化用容器にプラコップなどの水量が少ない容器を使う場合は、稚魚はふ化後なるべく早い時期に広い水槽に移すようにします。
    TS3V07420002.jpg
     
    | 冬場のブリーディング | 17:30 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP